講師紹介

Teachers

略歴

川口宏之公認会計士事務所 代表

1975年栃木県生まれ。東京都在住。
2000年より、国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。
2006年、国内大手金融グループ系証券会社にて、主に新規上場における引受審査業務に従事。
2008年、これまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。バックオフィス業務全般(財務・経理・総務・法務・労務・資本政策・上場準備)を担当。ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収などで成果を上げた。
その後、独立系の会計コンサルティングファームにて、IFRS導入コンサルティング業務や決算支援業務、各種研修・セミナーの講師等を担当。

2018年 これまでの経験をもとに、「パクトル合同会社」を設立。

監査法人での会計監査、証券会社での引受審査、ITベンチャー企業の取締役CFO、 会計コンサルタントという、4つの視点で「会計」に携わった経験を活かし、研修、講演、コンサルティング活動を行う。

きざしからのおすすめポイント

すべてのビジネスパーソンにとっての必須スキルである「会計」を、基礎から分かりやすく伝授する公認会計士。

受講前は「会計は難しくて苦手」「数字の羅列を見ただけで吐き気がする」と言っていた受講者も、受講後は「すんなり理解できた」「驚くほど簡単だった」という感想を漏らすほど、圧倒的な分かりやすさが強みの人気講師。

専門的な会計知識に加えて、ビジネスに役立つ会計スキルの活かし方も兼ね備える。 2012年から、これまでの知識や経験をもとにした会計関連の研修・講演活動を開始。

 特に、決算書の読み方・分析の仕方をテーマにしたセミナーでは、図を使った独自のメソッドが話題 となり、これまで延べ1万人近くの会計オンチの受講者を救ってきた。 受講者満足度は、5段階評価で平均4.8を超える実績を持つ。

資格

・公認会計士
・日本商工会議所簿記検定 1級
・証券外務員資格試験一種
・内部管理責任者

主な登壇実績

・東京商工会議所を初めとする各種商工会、商工会議所
・SMBCコンサルティング
・日本能率協会
・プロネクサス
・かんき出版  など研修会社主催のセ ミナー
・総合商社や製造業などの上場企業など、延べ180社以上

著書

『決算書を読む技術』 (かんき出版)
『決算書を使う技術』 (かんき出版)
『いちばんやさしい会計の教本』 (インプレス)
ほか

担当講座

・ビジネス基礎体力が身につく「財務諸表の読み方 基礎編」
・ビジネス基礎体力が身につく「財務諸表の読み方 実践編」