講師紹介

Teachers

河瀬 誠
戦略コンサルタント
略歴

MK&Associates 代表 立命館大学客員教授
ビジネス・ブレークスルー大学 客員教授(国際経営担当)
情報経営イノベーション専門職大学 客員教授
早稲田大学 日本橋校(WASEDA NEO)プログラム・プロデューサー

東京大学工学部計数工学科卒業。ボストン大学経営大学院理学修士および経営学修士(MBA)修了。王子製紙でプラント設計およびシステム設計技術者を担当したのち、A.T.カーニーにて金融・通信業界のコンサルティングを担当。その後、ソフトバンク・グループにて新規事業開発を担当。コンサルティング会社ICMGにて、大企業の戦略策定や経営幹部人材育成を担当し、現職。

現場の実務者や経営者とも技術ベースでロジックを詰められる「技術パートナー」としての側面を持ち、国内外の技術や技術系企業の戦略などにも長けている。

新規事業開発や商品開発プロジェクトでは、技術の本質的価値や将来の展開先のロードマップを理解した、ワークショップ、コンサルティングを行う。

きざしからのおすすめポイント

「技術が分かる経営コンサルタント」

河瀬講師はコンサルティング会社での経験だけでなく、技術者としてのロジックと実務経験を積んでいること、そして大手企業の技術者や経営者とのコンサルティング経験という2つの視点を持っていることが最大の強みです。

欧米、アジア、特に近年発展目覚ましい中国での、開発技術やDX事象にも精通しており、その情報力と分析力からの、未来予測、技術予測の講演は、1回の講演に数百名が参加するほどです。

また、単に知識と分析を披露するだけでなく、日本企業の体質、組織の論理、開発の現場など「論理だけでは話が進まない点」にも理解があることから、「そうは言っても・・」を踏まえた上での指導、コンサルティングに定評があります。

未来予測の講演も、単に危機を警鐘するだけでなく、そこに有る好機にも目を向け、未来のビジョンを創造・発出する機会となることでしょう。

主な登壇実績
・日本経済団体連合会
・日経ビジネススクール
・三菱UFJリサーチ&コンサルティング
・日本能率協会 などコンサル・団体主催のセ ミナーに「技術予測」「未来予測」のセミナーに継続的に登壇。
・総合電機、大手情報通信企業、大手金融機関などで、幹部人材育成プログラムを担当。
・総合商社、大手情報通信企業、大手製造業などで、新事業創造プログラムを多数担当
・東証一部上場企業300社以上のコンサルティング・プロジェクトに関わる

著書
・経営戦略ワークブック(日本実業出版社)
・戦略思考コンプリートブック(日本実業出版社)
・新事業開発スタートブック(日本実業出版社)
・海外戦略ワークブック(日本実業出版社)
・戦略思考のすすめ(講談社現代新書)
・マンガでやさしくわかる問題解決(日本能率協会)
・『課題解決のレシピ(日本能率協会)

担当講座
・「未来予測講演」 ①本質  ②DXテクノロジ  ③組織